おさしん演習場(仮)

2006 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 ≫03

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

多重露光

2006/02/21(Tue) 16:44
mD2K_3059.jpg


D200には多重露光機能があることをすっかり忘れていた.とりあえずCFの中に
入っていたRAW画像を使って重ねてみたけど,多重露光ってのは構成力が
必要なんだなぁと認識した.やっとスタート地点に立ってるんだなぁと.








人工地盤 Angle-1
スポンサーサイト
カメラ日記 コメント:0 トラックバック:0

太陽は僕の敵

2006/02/16(Thu) 00:55
mD2K_2736.jpg



昼間働く仕事をしてると、オフィスの窓にみえる日差しがとても恨めしく思えるのです。この記事をリリースする今日の天気はあいにくの小雨ですが,ここのところ天気の良い日が続いているもので,うずうずしてる毎日なのです.だから夜の写真が非常に多い.昼間はといえば,座敷犬のように窓に張り付いて外の景色を眺めてみたりしてます.

でも時々はお昼ごはんを手早く済ませて,昼休みぱーっとカメラ散歩にみたり.休み時間の数十分で戻らなければならないので,コンパクトなお散歩コースなのですが,途中で分岐したりしていくつかパターンがあります.オフィスの周りは意外にも緑あり,高低差あり,古い建物ありで結構おもしろい.そこで撮られた写真はいろんなところで露出してるんだけど,あまりまとめて上げちゃうとどこ歩いてるかばれちゃうからなぁ.

おいおい紹介します.





気になるNewsを.

シチズン時計、「TRANS CONTINENTS」から銀塩カメラをモチーフにした腕時計を発売 (日経プレスリリース)

銀塩カメラのどこを?

第262回:液体レンズ とは ケータイ用語の基礎知識 (Impress ケータイ Watch)

SSM,HSM,USMより早いのかね.って光学レンズ群に組み込むのは大変か….

E・スタイケンの写真、史上最高の3億円で落札 (CNN.com)

3億4千万円の写真 スタイケン作品、サザビーズで落札 (asahi.com)


ある時期の写真には良い時期になってきたのかね.いまこの瞬間撮られた写真に,この先未来,どれだけの値がつくのかな.でも絵画のようなステキな写真だ.オリジナルプリントみてみたいな.



人間家族人間家族
エドワード スタイケン Edward Steichen

by G-Tools







構造バカ一代/Fool in the structure
カメラ日記 コメント:0 トラックバック:0

2006/02/10(Fri) 20:07
mmD2K_2769.jpg


ニコン、D200の「縞現象」についてFAQページで言及
~希望者に無償で調整 (Impress デジカメWatch)

ニコ爺 VS キャ/ネットの論争における火種のひとつ.
気にしなければなんともない.気になりだすととりとめない.
そんなNikon D200の縞問題に公式見解がでました.

NikonのFAQに3件 新規登録されたQAです.

・低温時に縞
・逆光や照明光源を撮影した画像で暗部に長い縞
・明暗差の大きな部分で境界部に短い縞

いずれも等倍鑑賞厨に対する牽制か「ディスプレイ上で拡大すると」としつこいほどの記述がある.確かにディスプレイ上での等倍鑑賞についてはあまり意味がない事は認めるが,「A3サイズ以下ではほとんど確認できない」はどうなの?と思ってしまう.

確かにA3以上に引き伸ばしてプリントするアマチュアユーザーがどれだけいるのかという点では同意するが,かつてのD100のようなサブ機としての使われ方をしてる人(これまた数で言えばキャノンに押され少ないのだろう)や,たまーに重要なプリントをするんじゃボケェ!というNikonを支える爺たちにとっては,印象の悪い表現に違いない...

いずれにせよ,3Q実績の発表から株価対策を経て,この問題への対策が整い,サービスセンターも構えが出来た今日現在でのリリースだろうから,来いや(゚д゚)ゴルァ!!! なんだろうな.

CANONのDigicはこういうノイズというか画像品質をChipの中で処理してしまう道を選んだけど,Nikonはあくまでも出てきたものをどうするか?って道を選んでるのが良く分かる今回の対応.Nikon CaptureのUpdateで「縞補正」とかいうメニューが出てくれば,「縞」も認められちゃうんじゃないだろうかねぇ.「色収差補正」と本質的にはかわらないじゃないか!


Hot Spring Bros.

more
写真News コメント:0 トラックバック:0

ここに日記を書く日は

2006/02/09(Thu) 14:30
mmD2K_2812.jpg


たいていモノを買っているのですが,
例によってまたレンズを買っていたりいなかったり.

先日のエントリのアレです.

Sigma 10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM
http://www.sigma-photo.co.jp/lens/digital/10_20_4_56.htm


焦点距離で言えばこのレンズを以って常用の画角をカバー
したはずです.この後に続くのは,ボケ味だの色乗りだの
解像力だの鏡筒の剛性だの言い訳ばかりなのですが,
この「最後の一本」と呼んでいるレンズの言い訳としては,
知り合いの新規開店店舗の撮影を頼まれたというのも大きいのです.

難しい案件そうだけど撮れんのか?という疑問とともに
このレンズはやってくるのです.レンズより照明やら
なにやらが必要なのでは?とか思いながら….

FisheyeをNikon Captureで歪曲補正すればいいじゃない…,
ステッチングでパノラマ作ればいいじゃない…,

最後の1本は残しておいたほうが良いと偉大な先人たちは言うけれど,「最後の1本」を決断するホンの一瞬前に「次の1本」にココロが移ったりする.もちろんブランクが空くときもあるだろうけど,そんな時って概して写真に対して迷いがあったり,食傷気味だったりするときなのかもしれない.馬ニンジンのようなモノで駆動するモチベーションは認めたくないけど,写欲を担う一端にモノがあるのも万人が認めるところ.

ぬーん...




Monkey on hell valley
カメラ日記 コメント:0 トラックバック:0

サボり気味なので

2006/02/08(Wed) 01:58
mD2K_2322.jpg


修理に出していたPLAUBEL MAKINA67が帰ってきたその日。ぷらぷらして見つけた風景。あ,D200+AiAF24mm/F2.8Dです.


カメラ日記 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

プロフィール

holy

  • Author:holy
  • いろんなカメラを振り回します.

ブログ内検索

リンク

Tag

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。